LOGOS-喜びを分かち合い、悲しみをともにするために-

人間をとる漁師

2019年2月10日、松田聖契キリスト教会に与えられたみ言葉は、ルカによる福音書 5章1-11節。表記のタイトルの説教を清水靖牧師より受けました。今回も礼拝で説教を聞いた内容を一信徒が思ったこと、話を咀嚼し想像したことを含めて綴ってみます。(なお、新改訳聖書を持ち合わせておりませんので、下記聖書箇所は新共同訳聖書に基づきます。また、公式のメッセージについてはこちらをご覧頂きたいと思います。)
なお、聖書は章節のナンバーも記載いたします。

5:1 イエスがゲネサレト湖畔に立っておられると、神の言葉を聞こうとして、群衆がその周りに押し寄せて来た。
5:2 イエスは、二そうの舟が岸にあるのを御覧になった。漁師たちは、舟から上がって網を洗っていた。
5:3 そこでイエスは、そのうちの一そうであるシモンの持ち舟に乗り、岸から少し漕ぎ出すようにお頼みになった。そして、腰を下ろして舟から群衆に教え始められた。
5:4 話し終わったとき、シモンに、「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と言われた。
5:5 シモンは、「先生、わたしたちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と答えた。
5:6 そして、漁師たちがそのとおりにすると、おびただしい魚がかかり、網が破れそうになった。
5:7 そこで、もう一そうの舟にいる仲間に合図して、来て手を貸してくれるように頼んだ。彼らは来て、二そうの舟を魚でいっぱいにしたので、舟は沈みそうになった。
5:8 これを見たシモン・ペトロは、イエスの足もとにひれ伏して、「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」と言った。
5:9 とれた魚にシモンも一緒にいた者も皆驚いたからである。
5:10 シモンの仲間、ゼベダイの子のヤコブもヨハネも同様だった。すると、イエスはシモンに言われた。「恐れることはない。今から後、あなたは人間をとる漁師になる。」
5:11 そこで、彼らは舟を陸に引き上げ、すべてを捨ててイエスに従った。



おぅ、イエスのアンちゃん、また今日もここで説教かい。頑張れよ。


また今日も来たのかい、まぁお前さんもがんばるよなぁ。いくら神様の言葉だって言ってもみんなのその日の生活でやっとでそんな話聞く暇もないよ。


もう1カ月もしゃべっているな、ほんとお前さんは偉いよ。だんだん人も集まってきたよな。毎日やれば成果が出るってもんだな? えっ?俺っちかい? 俺っちはよぉ、そんな話聞く暇あったら魚の一匹でもとった方がいいや、まぁがんばれよ。


そんなやり取りがもしかしたらイエスとシモンペテロとの間であったかもしれません。
ごく普通の寒村のごく普通の貧しい漁師たちを束ねていた網元の若頭であり、顔見知りのシモンペテロの「職場」のすぐそばでイエスは民衆を相手に説教をしていたのでしょう。

この日も朝早いうちに、イエスは集まった民衆の前に神様の御言葉を語られました。
そして、その説教が終わるとシモンペテロに向かって、舟を貸してもらえないか?と依頼をします。舟を貸してくれと言うのは櫓を漕ぐ自分もともに舟に乗ることを意味し、一晩中漁をしていてクタクタのペテロにしてみれば勘弁してほしいと言う気持ちのなか、日ごろ頑張っている顔見知りのアンちゃんの頼みならと渋々と従ったのでしょう。

イエスは語り終えるとペテロに網を下ろせと言います。冗談じゃないぜ、こちとらプロの漁師だぜ、昨日一晩漁をして獲れないのだから今はこのあたりは漁場じゃないんだよ、しかも今は午前中とれるわけないじゃないか、と思いながら、再度アンちゃんの頼みだからと網を下ろすわけです。
いやぁ、ペテロさんって優しい人なんですよね。一晩中漁をして何も取れない、つまりは自分も仲間の給料を支払えない中、金にもならない頼みごとを引き受けるなんて…。イライラして怒鳴り散らしてもおかしくない中、ペテロはどこの誰かもよく知らないイエスに従います。

まれにみる豊漁にペテロは人間業でないことを知ります。この人は人間ではない…。
それは瞬時に恐れに変わり、だからこそあのような行動をするのでしょう。
「主よ、わたしから離れてください。わたしは罪深い者なのです」

この行動はご利益があった!と言う喜びを超越した恐れの行動です。逆に、ずっとイエスに出会いながら話を聞こうとしなかった、そのイエスは「本物だ」と言うことの恐れです。活きて働く神を蔑にした罪です。
つまりは心の片隅では神に従わなければいけないとは感じていたのです。でもこの世的な事情を優先してしまったことへの懺悔です。

イエスは集まった群衆に神の力を見せたのではなく、神から離れた「罪深い」漁師のペテロに神を知らせました。
パウロの言う「私は罪深いもの」とはどんな罪なのでしょう? それは自分の力で生きていけると言う傲慢な考えです。

イエスのことは知っていました。戯言を言えば嫌な顔一つすらせずに微笑みそして説教をしていました。説教の多くは「行ってそのようにしなさい」と結ぶことが多かったのを聞くともなく聞こえていたのを思い出しました。
知るだけではだめなんです。
懺悔したペテロはイエスの後を従いました。

主よ、わたしたちの主よ、
  ゆるされた喜びに満ち、
  いま、出かけます。
  あなたの労苦に 加わるために。
 讃美歌21 94番の1節

****

20190210-01

20190210-02

20190210-03

大工さんの仕事は早いです。わずか2週間でここまで進んだのか!と驚くべきスピードで、カフェになる部分の床は剥がされ、礼拝堂と同じ高さにあわせられて次週には一部コンクリを打ちます。
逆に言えば、牧師を始め教会員がそのペースについて行けず、今週は礼拝堂に移動され置かれた荷物の中の礼拝でした。
しかし、教会員はニコニコ顔。それは先週も記しましたが、教会とは礼拝堂ではなく、信仰だからです。
それでも久しぶりの2組の方はちょっと驚いていました(笑)
でも改修中の礼拝堂で礼拝を守ることはそうたびたびあることではありません。床板がないので外気がもろに入ってきていつも以上に寒い礼拝堂でしたが、神ともにいることを感じ感謝しかありません。

20190210-04

狭くて雑多になっいる台所でお昼を作ってくれたE姉妹に感謝。
スポンサーサイト



  1. 2019/02/10(日) 18:01:09|
  2. Service
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リフォーム | ホーム | 「カキゾエ黄門」漫遊記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://take1960jan.blog.fc2.com/tb.php/4270-ffd8f3d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

Service (695)
Mission (1434)
_@あしがら (81)
_ Peace (99)
_ 野宿者 (432)
_ 環境問題 (96)
Healty (437)
_ 玉川湯治キャラバン (41)
_ RFL(リレーフォーライフ) (192)
Hobby (844)
_ Caravan改めTravel (119)
_ Posso fotografare (52)
_ 妄想歴史秘話 (71)
_StoneMonument (15)
_ 西岸良平・鎌倉ものがたり (17)
_ AudioVisualBook (77)
_50の手習い (5)
賀川豊彦師 (1)
_AtlanticCanada (37)
_Formosa(美麗之島) (23)
120年のJapaneseTown (17)
hill of Galilee (1)
Fellowship (178)
_がんでもいいじゃん♪オフ会 (76)
firmamPAX (5)
NonGenre (516)
未分類 (34)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最新コメント

FC2カウンター