LOGOS-喜びを分かち合い、悲しみをともにするために-

HISの「雪化粧の飛騨の里ライトアップと世界遺産白川郷・飛騨高山&氷の芸術「氷点下の森」飛騨牛特別御膳付!憧れの「5つ星の宿」2日間」その2

6時45分からの朝食は2会場。「どちらも空いています」と係りの方の説明、そしてでも洋食会場の方が景色がきれいかと…・との言葉にそちらをチョイスさせて頂きついていくと窓側の席。まだちらちらと雪は降り続いています。
最近のホテルは朝食はバイキングが多いですが、ここの種類はすごい!!和、洋、そして郷土料理なんでもござれ。

お腹いっぱいにして部屋に戻ろうとすればロビーは朝食会場待ちのお客様の列。僕の感覚では洋食レストランだけでもものすごく広いのですがそれでも待たなければ入れないほどのお客様。収容人数はすさまじいものなのでしょう。
早めに行ってよかった!!

めったなことでは泊まらない高級ホテルを後にして僕らはまたバスの人に。そして10分ほどで高山の街へ。
町はずれの鉄砲町にある高山別院照蓮寺さんの駐車場にINN。昔ながらの町並みの保存をしている高山の街は大型バスを止める場所が少ないようで、このお寺さんが観光のために一肌脱いでいるのでしょう。
バスを降りて朝市の店が立ち並ぶ宮川までは添乗員さんがエスコートしてくれ、2時間後にバスの駐車場で…と解散。昨日の白川郷もそうでしたが、ここでも海外の若者がとても多いです。ローカルファストフードのみたらし団子や五平餅、そしてなぜかたこ焼きが人気のようでした。
連れは折り紙のお雛様を購入。

20190217-01

宮川の反対岸は昔からの商店街。観光客が川の反対を通るために少しさびれた感はあるものの、リノベーションを施した新しい店がまた新たな高山の名店を生み出そうな感じもします。

20190217-02

そして予てから猫好きのF娘さんとチェックをしておいた和菓子処稲豊園さんへ。
みごと猫子まんじゅうGet!!

20190217-03

20190217-04

20190217-05

これで高山の目的はほぼほぼ完了。じゃあ上三之町でもぶらつきましょうか…。

古い街並みに似合った刺し子のお店。

20190217-06

ちょっといい?の同行3人の声に引きずられて入店。

20190217-07

ビフォー・アフター間違いを探せ!?おっとその手の荷物と破顔の表情は何を意味する!!??
 連れとの古都めぐりでは1回は口にする「クレジットカード使えますか?」(笑)

20190217-08

応えは柿渋染めの総刺し子のバッグ。
でも、ふだん贅沢をするわけじゃないので旅の楽しみの一つと致しましょう。
飛騨さしこさん

20190217-10

20190217-09

高山名物からくり人形をつかった宣伝や去るぼぼならぬ丑ぼぼを見ながら歩いたらあっという間に2時間経過。
何度か行っている高山だったけれど以外に新鮮で面白かったな。

さて、ここからバスに乗り90分。秋神温泉という秘境の一軒宿のご主人が始めた氷点下の森へ。
木々に水をかけ凍らせた滝のようなつららの森です。
思った以上に広大な敷地に何と言ってもご主人の話術とパフォーマンスが最高。

20190217-15

20190217-16

夜間やとても寒い日はシャボン玉さえ凍るとのことですが残念ながらこの日は普通のシャボン玉遊び。

20190217-11

20190217-12

20190217-13

20190217-14

そして凍った蔵の中には熊の涙と言う銘酒が雪どけを待っているそうです。

暖かい地方に住んでいる者が贅沢に、しかも他人様の運転の観光バスで遊びに行くだけなので辛さはみじんにも分かりません。本当に楽しい2日間でした。
あとは舞台峠でおいしいお昼を食べて帰宅です。

20190217-17

途中事故渋滞のために国道20語に迂回をするなどドライバーさんは最後まで大変でした。本当にお疲れ様でした。

スポンサーサイト



  1. 2019/02/18(月) 22:11:17|
  2. _ Caravan改めTravel
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<あわれみ深い人となる | ホーム | HISの「雪化粧の飛騨の里ライトアップと世界遺産白川郷・飛騨高山&氷の芸術「氷点下の森」飛騨牛特別御膳付!憧れの「5つ星の宿」2日間」その1>>

コメント

バスツアー いいじゃあないですか!
さすが 詳しいツアーリポートで
自分も行った気分にさせていただきました
お土産 Eちゃんらしいチョイスですね

4月には 彼女 拉致します(笑)
  1. 2019/02/26(火) 15:32:06 |
  2. URL |
  3. Moca #Ezcez55U
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

旅行は行く前に計画する楽しみがあり、行っている最中は体験する楽しみがあり、帰ってきてからは思い出す楽しみがあります。一粒で3度おいしいです(^^♪
バスツアーはのんびりお酒でも飲みながらグータラしていれば観光地につける気楽さがありますが、「何時に集合してください」と言われ、他の人が見ず知らずの人なので遅れちゃいけないと気を張っているので思いがけずに疲れました。

連れ合いは、4月4-10日までお遊びウィーク。だから僕も少し羽を伸ばそうかと思っています。

> バスツアー いいじゃあないですか!
> さすが 詳しいツアーリポートで
> 自分も行った気分にさせていただきました
> お土産 Eちゃんらしいチョイスですね
>
> 4月には 彼女 拉致します(笑)

  1. 2019/02/26(火) 17:37:23 |
  2. URL |
  3. take1960 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://take1960jan.blog.fc2.com/tb.php/4273-90f018b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

take1960

Author:take1960
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

Service (695)
Mission (1434)
_@あしがら (81)
_ Peace (99)
_ 野宿者 (432)
_ 環境問題 (96)
Healty (437)
_ 玉川湯治キャラバン (41)
_ RFL(リレーフォーライフ) (192)
Hobby (844)
_ Caravan改めTravel (119)
_ Posso fotografare (52)
_ 妄想歴史秘話 (71)
_StoneMonument (15)
_ 西岸良平・鎌倉ものがたり (17)
_ AudioVisualBook (77)
_50の手習い (5)
賀川豊彦師 (1)
_AtlanticCanada (37)
_Formosa(美麗之島) (23)
120年のJapaneseTown (17)
hill of Galilee (1)
Fellowship (178)
_がんでもいいじゃん♪オフ会 (76)
firmamPAX (5)
NonGenre (516)
未分類 (34)

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

最新コメント

FC2カウンター